細胞の中まで見通せる高画質のホログラム映像を可能にする量子ホログラフィー技術の躍進がすごい

細胞の中まで見通せる高画質のホログラム映像を可能にする量子ホログラフィー技術の躍進がすごい

iStock
 平面なのに立体的な形を浮かび上がらせるホログラム映像は、かつてSFの中のものでしかなかった。

 今ではレーザー技術の発達によって実用化され、クレジットカードの偽造防止やデータ記録など、さまざまなものに応用されている。亡くなったミュージシャンをイベントなどで再現する技術も、ホログラムの応用だ。

 そんなホログラフィーはまた新たな飛躍の時を迎えているようだ。それを可能にするのはレーザー技術ではなく、量子力学に基づく技術である。英グラスゴー大学のHugo Defienne氏が、革新的な量子ホログラフィーについて『The Conversation』で解説している。

【ホログラフィーの仕組み】

 「ホログラフィー」は、1947年にハンガリーの物理学者ガーボル・デネーシュによって考案された。3Dの映像をホログラムといい、それを撮影する技術がホログラフィーだ。

 我々が目で物体を見ることができるのは、物体に当たって反射された光にさまざまな情報が含まれているからだ。たとえば、光の波長から色を区別することができる。また振幅によって明るさも判断できる。写真はこれを記録する技術だ。

 ホログラフィーの場合、それらにくわえて光が移動してくる方向――「位相」を記録することができる。ホログラムが立体的に見えるのはそのためだ。

 一般的なホログラフィーで物体を撮影するには、まずスプリッターで1本のレーザーを2本に分けなければならない。1本目のレーザー(物体光)は、撮影したい物体に照射される。2本目のレーザー(参照光)は、物体のない方向へ向けられる。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。