SWATに家を破壊された女性、修理代約540万円を自腹で払わなければならない可能性(アメリカ)

SWATに家を破壊された女性、修理代約540万円を自腹で払わなければならない可能性(アメリカ)


 アメリカの警察に設置されている特殊部隊、SWATは時に過剰な行動をとり、罪のない市民が犠牲になるという事例が何度も報じられている。

 去年の夏、テキサス州に住む女性は、自身とは全く関係のない事件に巻き込まれた。売りに出そうとしていた自宅に武装した犯人が立てこもったことでSWATが突入し、家を破壊したのだ。

 その修理代金は540万円にものぼるそうだが、保険会社も市も警察も、損害賠償を支払うことを拒否したため、女性は自腹で支払わなければならない可能性があるという。『Institute for Justice』などが伝えている。
[動画を見る]
SWAT Team Destroyed Innocent Woman’s Home and Refused to Pay for Repairs

【販売契約を済ませていた家に男が立てこもる】

 2020年7月25日は、ヴィッキー・ベイカーさん(76歳)にとって忘れられない悪夢のような日となった。

 ベイカーさんは、テキサス州北東部コリン郡マッキニーに自宅を所有していたが、モンタナ州に引っ越すため、2007年から住んだその自宅を売りに出し、既に買い手がついていた。

 当時、その家にはベイカーさんの娘ディアナ・クックさんと彼女の愛犬が住んでいた。

 そこへ、銃を持った男、ウェズリー・リトルが15歳の少女を連れてベイカーさんの家にやって来た。その男は、過去に家の修理を依頼したことがあったが、ほんの一時期のみであり、以降は一切連絡など取っておらず友人でもなかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク