タコにも痛覚が存在し、痛みを避ける行動をとることが判明

タコにも痛覚が存在し、痛みを避ける行動をとることが判明

iStock
 我々は痛みを感じる「痛覚」をもっている。タンスの角に小指をぶつけたら痛いし、食中毒を起こしたらお腹が痛くなる。最近では、甲殻類にも痛覚があると指摘する研究結果も報告されている。

 そしてどうやら、頭足類のタコにも痛覚があり、痛みを避けるための逃避行動をとることが新たなる研究で明らかになったようだ。
 

【タコの痛みに対する反応を調査】

 私たちにとっての痛みは、危険な刺激や怪我に対する単純な反射とはまるで違う。肉体の痛みに続いて、苦しさやら情けなさやら感情な痛みまで味わうことになる複雑な反応だ。

 そうした肉体と感情両面の苦痛は人間に限ったものではなく、脊椎動物ならば一般なものだと考えられている。

 だが謎なのは無脊椎動物だ。その神経系はずっと単純なものであることが多い。そんな彼らにも心と体で生じる痛みがあるのだろうか?

 『iScience』(3月19日付)に掲載された研究では、無脊椎動物の中で、もっとも複雑な神経系を持つタコに少々辛い思いをしてもらって、彼らの痛みの謎に迫っている。

【痛みを感じたタコが逃避行動をとることを確認】

 米サンフランシスコ州立大学の神経生物学者ロビン・クルーク氏が行ったのは、マウスなどの痛みを調べるための標準的な検査法で、次のようなものだ。

 水槽の中に3つの部屋がある。部屋のいずれかにタコがいるとき、その腕の1本に酢酸を注射して痛みを生じさせ、その後の行動を観察する。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク