恒星間天体「オウムアムア」の正体に新たな説。それは冥王星に似た惑星の欠片で窒素の氷でできている

恒星間天体「オウムアムア」の正体に新たな説。それは冥王星に似た惑星の欠片で窒素の氷でできている
iStock
 2017年に太陽系を訪れ、史上初の恒星間天体と認定された「オウムアムア」だが、その正体は未だはっきりせず、専門家による議論が繰り広げられている。

 異星人の宇宙船であるという仰天の仮説や、水素の氷であると主張する説などが提唱されているが、最新の研究では、また別の仮説が提唱されている。

 『Journal of Geophysical Research: Planets』(3月16日付)に掲載された論文によれば、その正体は冥王星に似た系外惑星の欠片で窒素の氷でできているという。

定期的に光を放ち加速までする奇妙な天体「オウムアウア」 オウムアムアはこれまで観測されてきたどの彗星とも似ていない。なにしろ太陽系の外からやってきたばかりか、まるで灯台のように光まで放っていたのだ。

 残念ながら、その姿をはっきりと捉えることができた望遠鏡はない。しかし定期的な発光のパターンから、葉巻のような細長い形状か、あるいは円盤のような平らで幅広な形状のどちらかで、回転していたと推測されている。

 奇妙なことに、オウムアムアは太陽を通過する際に加速までしていた。彗星もまた加速するが、望遠鏡を覗けばその原因となる水蒸気を観察することができる。しかしオウムアムアにそのようなものはなかった。

[画像を見る]

iStock
UFO仮説と水素の氷仮説 だからこそ、ハーバード大学の著名な天文学者アヴィ・ロエブ教授は、光を帆で受けて推進力に変える
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク