イスラエルの砂漠にある恐怖の洞窟で「死海文書」の断片を発見

イスラエルの砂漠にある恐怖の洞窟で「死海文書」の断片を発見

credit:Shai Halevi / Israel Antiquities Authority
 旧約聖書(ヘブライ語聖書)の最古の写本が含まれている、約1900年前の「死海文書」の断片が、約60年ぶりにイスラエルのユダヤ砂漠の洞窟で発見された。

 内部に人骨が散在していることから「恐怖の洞窟」と呼ばれる洞窟内で発見された羊皮紙の断片には、旧約聖書の「十二小預言書」の一部が記されてるとイスラエル考古学庁(IAA)は発表した。

 また、今回発見されたものは、今まで発見されていた死海文書の一部ではなく、新たな死海文書ではないかと報じるメディアもある。
【40体の遺体が発見された恐怖の洞窟】

 ハル・ヘベルのワディにある第8洞窟は、1960年代に40体もの古代人の遺骨が発見されたことから、「恐怖の洞窟」としてその存在を知られていた。

 紀元132年から135年の間にローマ帝国に抵抗したユダヤ人たちの反乱、バル・コクバの乱が起こった。これらの遺骨はそのときに餓死したユダヤの人たちのものだという。

 洞窟の入り口は切り立った崖の頂上から約75メートル下に位置しており、古代ユダヤの人々は縄ばしごを使って出入りしていたとされている。

 結果的に、この反乱は鎮圧され、50万人以上のユダヤ人が殺されたり、この地域を追われたという。

[動画を見る]
Thrilling finds have been uncovered by the Israel Antiquities Authority in the Judean Desert
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク