2100年までに北半球では1年の半分が夏になると予測する研究論文が発表される

2100年までに北半球では1年の半分が夏になると予測する研究論文が発表される

photo by iStock
 2100年までに、北半球では、ほぼ半年近く夏が長く続くという予測が、アメリカ地球物理学連合の学会誌『Geophysical Research Letters』(2月19日付)に掲載された。

 年々夏は暑くなってきているとは実感じていたが、春・秋・冬が縮み、夏が長くなると様々な問題が生じる。こうした季節の変化は、農業や環境、人間の健康に大きな影響を及ぼすと考えられるという。
【昔とは違う春夏秋冬】

 1950年代、北半球では春夏秋冬が概ね規則的にめぐっていた。しかし気候変動は、各季節の長さや到来時期といったパターンを劇的かつ不規則なものに変えつつある。

 この傾向は、何も対策を施さず現状の社会経済活動を続けた場合には、よりいっそう極端なものになっていくと予測されている。

 「夏が年々長く暑くなる一方、冬は短くなっています」と、中国科学院南海海洋研究所の物理海洋学者グアン・ユーピン博士はPhys.orgで語っている。

[画像を見る]
photo by Pixabay
【2100年までに夏は半年を占めるようになる】

 グアン博士らが1952~2011年の気候データを利用して調査したのは、北半球の四季の長さとそれが始まるタイミングの変化だ。

 たとえば夏の始まりは、その夏の最高気温の上位25%に達したとき。あるいは冬の始まりなら、最低気温の上位25%の気温に達したときと定義する。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク