うつ病の人は世界の見え方が違う。視覚に影響が及び錯視の見え方が変化することが明らかに

うつ病の人は世界の見え方が違う。視覚に影響が及び錯視の見え方が変化することが明らかに

photo by iStock
 うつ病は気分障がいの一種だ。発症の原因は正確にはわかっていないが、感情や意欲を司る脳の働きに何らかの不調が生じているものと考えられている。

 新たに報告された研究によると、うつ病は視覚にも影響を及ぼすそうで、世界の見え方まで変わってしまうのだそうだ。
【うつ病の人に錯視を見てもらう実験】

 まずは次の錯視を引き起こす画像を見てもらおう。画像は、同じ明るさとコントラスト(色の濃さ)の四角を異なる背景に重ねたものだ。

[画像を見る]
credit:Salmela et al, J. Psychiatry Neurosci., 2021
 普通の人の場合、AとBは、中央の明るさはまったく同じだが、背景が異なるため、Aの方が明るく見える。

 CとDは、まったく同じコントラスト(色の濃さ)で中央部分の色は変化していないが、縦縞の背景に置かれたCの方が薄く見える。

【うつ病患者は大脳皮質の処理が変化する】

 フィンランド、ヘルシンキ大学の心理学者ビルヤミ・サルメラ氏によると、うつ病患者は普通の人とは画像が少し違って見えるのだという。

 明るさの見え方は普通の人とあまり変わらないが、色のコントラストについては見え方が違ってくるのだという。

 CとDの錯視画像では、うつ病を患っていない人の約20%が想定通りCの方が薄く見えたのに対し、うつ病患者では約5%だった。

 じつはAとBは網膜の処理に関係している。一方、CとBは大脳皮質での処理に関係している。だから可能性としては、うつ病になると、脳におけるコントラストの処理に変化があると考えられる。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月5日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。