例え馴染みのない音楽でも、人の脳はただの音より音楽に反応することが判明

例え馴染みのない音楽でも、人の脳はただの音より音楽に反応することが判明

photo by Pixabay
 音楽によって脳の発達がうながされることは以前から知られていたが、やはり音楽は脳にとって特別なものであるようだ。

 音楽を聴く脳をfMRIで撮影してみたところ、聴覚領域はただの音よりも音楽の方に強く反応することが確認されたそうだ。

 例えそれが聞いたこともないリズムやメロディや楽器であっても、音楽を全く習ったことがなくても、人の脳は音楽に反応するようにできているのだ。
【全く知らない音楽でも反応してしまう人の脳】

 米ハーバード大学やMITの研究グループは、色々な音が録音された2秒の音楽クリップを参加者に聴いてもらい、そのときの脳の反応をfMRIで確かめた。

 音楽クリップに録音されていたのは192種の自然の音で、そうした中にはただの音はもちろん、音楽も含まれていた。

 音楽のジャンルはさまざまで、メロディに乏しいドラム音や、西洋人には馴染みのない音楽(たとえばガムランの音色)もあった。

 そして検査の結果、馴染みがあるかどうかに関わらず、脳は音楽に対して強く反応することが確認されたという。

[画像を見る]
photo by Pixabay
【音楽の教育を受けていようがいまいが脳の音楽選択性は発達する】

 音楽に対して特に反応を示す脳の性質を「音楽選択性」という。研究によれば、音楽選択性は特別な訓練を受けなくても普通に発達するものであるらしい。

 この研究には、音楽の素人(音楽教育2年未満)と音楽家(平均16年の教育)の両方が参加していた。両グループの音楽に対する経験は大きく違うが、脳の音楽選択性という点では特に違いが見られなかったという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク