個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)


 数年間、路上で野良暮らしをしていた猫は、その苦労ゆえか仏頂面が染みついてしまったようだ。複数の病気を患っていたが、施設に保護され治療が施されると、無事健康状態を回復した。

 あとは飼い主を探すだけだ。施設側は飼い主募集を呼びかけるも一向に引き取り手が現れない。原因はその仏頂面にあったようだ。

 だが運命の出会いは突然訪れた。1年たってようやく個性的なこの猫の良さを理解してくれる永遠の家族が現れたのだ。
【ボロボロの状態で保護された野良猫】

 去年、ドイツの路上で保護された野良猫“ビーン”は、3~4歳と推定されたが、年齢の割には体が小さく、複数の健康問題を抱えていた。

 目が深刻な感染症に罹っていた他、尿石症を患っており、避妊手術もしておらず、保護されなければ命が危なかったほどだったという。

 そんなビーンを、保護施設の職員らは懸命に治療してお世話した。その甲斐あって、ビーンの健康状態は回復した。

[画像を見る]

【飼い主を募集するも引き取り手が現れず1年が経過】

 元気になったビーンに飼い主を見つけてあげようと、施設側は運営しているサイトやSNSなどで呼びかけたが、まったく反応を得ることができなかった。

 その原因はビーンの顔つきにあったようだ。

[画像を見る]
 施設のサイトに「エキゾチックショートヘア」と記載されていたビーンは、手足や尻尾が短く、顔がかなり平面的だ。

 むっつりとした仏頂面や悲しそうな顔に見えてしまうことで、多くの人々が引き取りたがらなかったのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。