「男性と子供と動物が大嫌いで神経質な犬です」保護犬の正直すぎる里親募集広告が逆に注目を集める(アメリカ)

「男性と子供と動物が大嫌いで神経質な犬です」保護犬の正直すぎる里親募集広告が逆に注目を集める(アメリカ)


 一匹でも多くの保護犬や保護猫を、あたたかな家庭に送り出したい。保護施設では小道具を使って映えるプロフィール写真を作ったり、ユニークな広告を作ったりと、様々なアイデアで里親募集を行っている。

 しかし、アメリカ・ニュージャージー州にある動物救済保護施設で仮里親ボランティアをしている女性は、それとは真逆の作戦をとったようだ。

 一時預かりのチワワについて、Facebookで「神経質で男性嫌い、子供嫌い」「他の動物とはソリが湧ない」「地獄のような毎日」と嘘偽りなく赤裸々にチワワとの生活やその性格を綴った。

 すると、このあまりにも正直すぎる広告は、世界中のユーザーらから注目を集める結果となったようだ。

【あまりにも正直すぎる里親募集広告】
 アメリカ・ニュージャージー州モリスプレーンズにある動物救済ボランティア団体『Second Chance Pet Adoption League』では、年間約200匹の犬を救済・保護し、養子縁組を行っている。

 4月7日、同団体でボランティアをしているティファニー・フォルトナさんは、仮里親として家で世話をしているチワワの“プランサー”(2歳)のための里親募集広告をFacebookでシェアしたのだが、その内容があまりにも正直で赤裸々だったことから、予想以上の反響を呼んだ。
[動画を見る]
 Facebookの内容は概ね下記の通りだ。
過去数か月間、プランサーにいい家族が見つかるようにとお世話に努めてまいりましたが、非常に大変でした。

神経質、男性が大嫌い、子供が大嫌い、おまけに他の動物とのそりが合わず、まるでグレムリンのように見えてきました。

プランサーにはそう簡単に引き取り先は現れないでしょう。でも、私は(私の家族も)消耗しきっていて「きっと誰かがプランサーの飼い主になってくれる」と信じないと辛すぎるのです。

私たち家族は、毎日自宅で悪魔のようなチワワと地獄のような日々を過ごしています。

もし、あなたが甘やかされた我が強めのチワワを知っているのなら、すこしは私が話していることが理解できるかもしれません。
[動画を見る]
当初、プランサーは上質なカシミヤのセーターを着て、ベーコンエッグチーズ・サンドイッチを詰め込まれた木箱に入れられ、ぷくぷくと太った状態でやって来ました。その時、この犬が後に問題になるであろうことを私は直感しました。

前の飼い主だった高齢女性は、プランサーを人間の子供として、とても甘やかして育てていたようです。他の人や犬とも触れ合うことはなかったようで、プランサーは神経質な性質を持つ遺伝的素因も相まって、性格的にかなり問題がある犬になってしまいました。

神経質なプランサーは、家に来た最初の週、私たちにひどく怯えていました。でも私はそんな最初の頃のプランサーの方が好きでした。ただ怯えて静かにソファに横になっていただけですから。家族の誰を困らせることもありませんでした。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。