眠れる森の美女症候群を患う16歳少女、1週間昏々と眠り続ける(インドネシア)

眠れる森の美女症候群を患う16歳少女、1週間昏々と眠り続ける(インドネシア)


 この世には、症例が少なく、原因や治療法なども特定されていない「奇病」に苦しんでいる人がいる。

 世界で1000例程度の報告しかない睡眠障害『クライン・レビン症候群』、別名「眠れる森の美少女症候群」もその1つだ。

 インドネシアに住む16歳の少女は、13歳の時からこの奇病を患っており、症状が現れると1週間は昏々と眠るのだという。『KOMPAS.com』などが伝えている。

[動画を見る]
Siti Raisa Miranda "Putri Tidur" Asal Kalsel, Tidur Pulas Berhari-hari - iNews Siang 09/04【眠れる森の美女症候群で1週間眠り続ける少女】
 インドネシアの南カリマンタン州バンジャルマシン市に両親と暮らすシティ・ライザ・ミランダさん(16歳)が、世界で症例数が少ない「クライン・レビン症候群(眠れる森の美女症候群)」という奇病の兆候が表れたのは、13歳の時だそうだ。

 当初、眠り続ける娘を心配した両親が地域の総合病院へ連れて行ったところ、ミランダさんは中枢神経系の脳障がいで意識喪失や脳の活動に異常をもたらす「てんかん」と診断されたが、その後の検査で、世界的に稀な睡眠障害であることがわかった。

 ミランダさんは、現在に至るまで、発作的に強力な睡魔に襲われると最低でも7~8日間は昏々と眠り続けてしまうという状態を繰り返している。
[画像を見る]
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク