半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)

半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)

photo by iStock
4月19日、地球から5600万キロの距離に小惑星が発見された。「2021PDC」と命名されたそれは、6か月後の10月20日に5%の確率で地球に衝突する可能性があることが明らかとなった。

5月2日、その後の詳しい分析によって、小惑星はヨーロッパか北アフリカにほぼ確実に衝突することが判明した。

しかし無念なことに、現代の技術ではたとえ半年の猶予があったとしても、衝突を食い止めることはできないと結論づけられた。

 これはNASAとESAが1週間にわたって検討した架空のシナリオの話であり、現実には、2021PDCという小惑星は存在しないので安心して欲しい。

 だがこのシミュレーション(演習)では、半年前にわかったところで、小惑星の衝突を回避することができないという厳しい現実を示唆している。

【危険な小惑星の3分の2が未発見】

 なぜこのような架空のシナリオによるシミュレーション(演習)が行われたのか?

 それは、地球に甚大な被害をもたらしうる140メートルを超える小惑星の3分の2が、まだ未発見だと推定されているからだ。

「こうした演習によって惑星防衛の専門家や政府の連携を深めておけば、将来的に衝突する可能性のある脅威が見つかったとき、全員が一丸となって取り組むことができます」と、NASAの惑星防衛担当者リンドレー・ジョンソン氏は述べている

[画像を見る]
credit:Peter Carril/ESA
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク