エッグ、ビーフ・ストロガノフ、パパイアなどなど、海外の飼い主が猫に付ける名前がかなりユニークな件

エッグ、ビーフ・ストロガノフ、パパイアなどなど、海外の飼い主が猫に付ける名前がかなりユニークな件

pixabay
 ペットを迎え入れた飼い主が一番最初にすることといえば、その新しい家族に名前を付けることだろう。それは楽しくもあるが、悩みどころでもある。

 イギリスの詩人T.S.エリオット(1888~1965年)は、後にミュージカル『キャッツ』の題材となった作品を生み出した人物だが、かつて彼は「猫の名付けは難しい問題だ。休日の手慰みの1つなどでは無い。」と述べたことでも有名だ。

 どうやら、人間の名前と同様、猫にも名前のトレンドがあるようだ。そして、飼い主は犬よりも猫にはちょっぴりユニークな名前を付ける傾向もあるようだ。

 3月27日に、あるTwitterユーザーが猫の名付けについてツイートしたところ、多くの猫の飼い主から続々と面白い名前の投稿が寄せられた。

【猫の名付けについてのツイートが注目を集める】
 喉をゴロゴロ鳴らす愛らしいモフな姿を持つ猫は、一方で強さと優雅さ、また陽気な癖と個性を発揮する美しい生き物だ。

 このような素晴らしい猫たちに、本当にふさわしい名を付けることは、実は至難の業である。
[画像を見る]
pixabay
 だから飼い主は、思いつく限りのユニークな名前を猫に付けるわけだが、それらはいずれもなかなか個性的だ。

 Twitterユーザーのジェニファー・シャオさんは、猫の名付けについて次のようにツイート。
犬の飼い主は、マックスとかベイリーとかいった名前を付ける傾向があるけれど、猫の飼い主って猫に「ビーフ・ストロガノフ」とか付けたりしない?
 すると、続々と猫の飼い主から返信が寄せられた。【猫に付けられる名は食べ物が多い?】
 今回は、どうやら猫に食べ物の名前(と他のものをミックスさせた名前)を付けた飼い主からの投稿が多かったようだ。

 ざっと並べて、このような名前が猫に付けられている。
・ジュースボックス

・ラビオリ

・ウェンズデー・フェットチーネ

・グァバ

・パパイア

・エッグ ・アボカド

・ビーフ

・ビーフ・ストロガノフ(短縮名はストローギ) ・コーンブレッド

・バナナ ・モッツアレラ・テレビジョン
 中には、更にユニークな名前を付ける人もいるようだ。
私が一番好きな猫の名前は、友人が飼っている太っちょ猫に付けられた「駐車場」です。
【猫は3つの名を持っている】
 冒頭で述べたイギリスの詩人T.S.エリオットに戻ると、彼は全ての猫には3つの異なる名前があると述べている。

 その1つは家族が使用する日常の名前、もう1つは猫仲間の間で名付けられた独特でユニークな名前、そして猫だけが知っていて時々熟考することを楽しむ秘密の名前なのだそうだ。
[画像を見る]
pixabay
 T.S.エリオットの詩には、次のように記されてある。
深い瞑想にふける猫に気付いたら
教えてあげよう、その理由はいつも同じ。
彼はうっとりする様な考えにふけっているのだ。
その考えとは
その考えとは
その考えとは…
自身の名前だ。
言葉にできても、決して言葉では言い表すことができない
深く、計り知れない、唯一のその名前を…

猫はもっと個性的な名前を必要としているのだ。
世界にたった一つしか存在しない、より威厳のある名前を。
そうでなければ、猫はなぜ尻尾をピンと立て
ヒゲを膨らませ、誇りを胸に抱くことが出来ようか。
 猫は、私たちが決して知ることのない独自の宇宙的で神秘的な名前を密かに持っているようだ。

 飼い主は、それを知ることがないゆえに、なんともユニークで風変わりな、またちょっぴり笑える名前を飼い猫に付ける傾向があるという。

 それはそれで、満足している猫だっているだろう。しかし、飼い主が名前を呼んでも無視する時、実は猫は自分だけが知っている秘密の名前を考えている時なのかもしれない。

written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:エッグ、ビーフ・ストロガノフ、パパイアなどなど、海外の飼い主が猫に付ける名前がかなりユニークな件 https://karapaia.com/archives/52301774.html
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク