これは甘い放送事故。アイルランド大統領が記者会見中、愛犬が手を甘噛みしまくっている件

これは甘い放送事故。アイルランド大統領が記者会見中、愛犬が手を甘噛みしまくっている件


 放送中のアクシデントはつきものだ。深刻なものもあれば、微笑ましいものもある。そしてこれはどちらかというとスイートな甘い放送事故である。

 アイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領は、同国の俳優、トム・ヒッキーさんが亡くなったことを受けて、官邸の庭で追悼会見を行った。

 ヒギンズ大統領の傍に寄り添い、会見中ずっと甘えていたのは、愛犬のミスニーチ(Misneach)である。ミスニーチは大統領にまとわりつき、その手を甘噛みし続けていたのだ。
【追悼会見中、アイルランド大統領に甘え倒した愛犬】

 5月1日、数年前からパーキンソン病を患っていた、アイルランドの国民的俳優、トム・ヒッキーさん(77)が亡くなった。

 これを受け、アイルランドの公共放送「RTE News」が取材を申し込み、アイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領は官邸内で追悼会見を行った。

 官邸内には2匹の愛犬が一緒に暮らしているが、そのうちの1匹、生後6か月のバーニーズ・マウンテン「ミスニーチ」は大統領の横にチョコンと座り、そのそばから離れない。

 ヒギンズ大統領が、神妙な面持ちで哀悼の意を述べる中、ミスニーチは大統領に甘えまくり、その手を甘噛みしまくっていたのだ。

[画像を見る]
 まだ甘えたい盛り、遊びたい盛りのミスニーチは、大統領に遊んでほしくて仕方がなかったようだ。ヒギンズ大統領は会見中、態度を乱すことなく、その上でミスニーチの頭を撫でてあげている様子がわかる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク