ヨーロッパ人がアメリカで受けた15のカルチャーショック

ヨーロッパ人がアメリカで受けた15のカルチャーショック

Image by DWilliam from Pixabay
 自国の常識は他国の非常識だったりもするくらい、国によって文化や習慣などは異なるものだ。それこそが世界を知る醍醐味となるわけだが、そう簡単には「郷に入っても郷に従えないものだ。

 海外掲示板でヨーロッパ人に対し「アメリカで受けたカルチャーショック」について質問を投げかけたところ予想以上の反応が巻き起こったようだ。

 ヨーロッパ人はいったいどんなカルチャーショックを受けたのか?ヨーロッパと言っても国によって様々だし、アメリカと言っても広いので場所によって違いもあるだろうが、どんなカルチャーショックを受けたのか見ていこう

【アメリカに行ってショックを受けたことは?】
 今年1月、オランダ人のredditユーザーdaleelabが、ヨーロッパのユーザーたちにこんな質問を投げかけた。
アメリカに行ったことがある人に聞きたい。個人的に一番カルチャーショックを受けたことって何だった?
 すると旅行好きなユーザーたちが即反応。それぞれがアメリカで感じた衝撃的な事例をあげ、母国との違いなどを語った。その一部は以下のようなものだった。

1. 何でもでかいアメリカンサイズ
[画像を見る]
image source:reddit
2014年に家族でアメリカに行き空港でレンタカーを借りる際「せっかくアメリカだから」と大きな車を借りた。なのに高速道路に出たら自分たちの車が一番小さかった。
 
そこでサイズ感覚をリセットした後、ダイナーでハンバーガーとドリンクに7Up(セブンアップ)を頼んだら、1リットルサイズの7Upが出てきた。飲みきれず困ってたら店の人が無料で別のカップに詰め替えてくれた。

何でも大きいアメリカだとサイズの定量化さえ侮辱と受け取られそう。あのアメリカ旅行は本当に衝撃的な体験だった。(daleelab/オランダ)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク