所変われば形状もトッピングも変わる。世界12のホットドッグ

所変われば形状もトッピングも変わる。世界12のホットドッグ

pexels
 ソーセージをパンに挟んだホットドッグは、アメリカに根付いた食文化のひとつで、ガソリンスタンドでもゴルフ場でもどこにでもあるが、そのルーツはソーセージ大国、ドイツにあると考えられている。

 日本でもおなじみのホットドッグ、基本はソーセージの上にケチャップとマスタードだが、チーズソースやタコスミートとか入ってるのもあるよね。

 世界には、実に様々なスタイルのホットドッグのような食べ物が存在している。今回はその中から12の異なるホットドッグを紹介しよう。
【1.デニッシュ・ホットドッグ(デンマーク)】

[画像を見る]

 2021年は、デンマークで初のホットドッグスタンドができた100周年を祝う年なんだそうだ。

 1921年、チャールズ・スヴェンセン・スティーヴンスさんが、コペンハーゲン周辺に複数のホットドッグの店を出したのがルーツだと言われている。

 デンマークの代表的なホットドッグは、玉ねぎ(フライしたものもしくは生)と薄くスライスしたピクルスをトッピングし、ケチャップやマスタード、レムラードソース(マヨネーズにマスタード、ピクルス、ケイパー、ハーブを加えたソース)を使用したものだ。

 デンマークでは、あらゆる店がこのスタイルのホットドッグを提供している。

【2.ソノラン・ホットドッグ(メキシコ・アメリカ、アリゾナ州)】

[画像を見る]

 メキシコ北西部ソノラ州の州都、エルモシージョで生まれたソノラン・ホットドッグは、アメリカ、アリゾナ州の2つの都市、ツーソンとフェニックスでも人気だ。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク