融解が進むのイタリアの雪山の氷の中で発見された第一次世界大戦の遺物

融解が進むのイタリアの雪山の氷の中で発見された第一次世界大戦の遺物

credit:White War Museum
 気候変動による地球温暖化によって解けつつある世界の氷河からは、そこに閉じ込めらていたさまざまな興味深いものが見つかっている。

 それはたとえば登山家の遺体古代のウイルス、そして今回発見された、第一次世界大戦期に繰り広げられた雪山での戦いの記憶といったものだ。
【雪山の氷の中で発見された第一次世界大戦の遺物】

 イタリア北部、スコルルッツォ山の山頂からは、アルプス山中にあるステルヴィオ峠を見下ろすことができる。峠のすぐ北にはスイスとの国境線が走る。

 かつて標高3095メートルのその頂きに、20人ほどのオーストリア=ハンガリー帝国の兵士たちが洞窟を掘り、そこにこもりながら3年半の間イタリア兵と戦い続けた。

 第一次世界大戦期、標高2000メートルよりも高い場所を舞台に行われたこの雪山の戦いは、「ホワイト・ウォー」と呼ばれている。

[画像を見る]
ステルヴィオ峠 photo by iStock
 スコルルッツォ山頂に洞窟の兵舎があることは以前から知られていたが、100年近くそれを閉じ込めていた氷が完全に解けて、中に入れるようになったのは2015年のことだ。

[画像を見る]
credit:White War Museum
 1918年11月に終戦を迎えた兵士たちは、持ち物のほとんどをそこに残したまま立ち去ったようだ。中にはそこでの生活を記した日記、藁で作られたベッド、衣服、ランタン、新聞、葉書、硬貨、食料や動物の骨などが発見されている。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク