スイスの湖の底で3000年前に水没した失われた集落が発見される

スイスの湖の底で3000年前に水没した失われた集落が発見される

photo by Pixabay
 スイス中央に位置する同国で4番目に大きいルツェルン湖は、何世紀にもわたって秘密を隠してきたようだ。澄んだ青い水と湖底の泥の層の下に、忘れ去られていた青銅器時代の集落が沈んでいたのだ。

 この発見によって、ルツェルンの町の歴史が見直されることになった。これまで考えられていたのより2000年も早く、この地域に人の定住が始まったことがわかったのだ。

【湖の底から偶然発見された3000年前の失われた集落】
 パイプラインの敷設に協力していた水中考古学者によって発見されたこの村は、ルツェルンの歴史をすっかり変えてしまった。

 この地域に人が定住し始めたのは、これまで考えられていたよりもずっと早い可能性が出てきたのだ。

「ルツェルン湖の底から発見されたこの村は、3000年前にはここに人が定住していたことを示しています」ルツェルン州の広報は語る。「この証拠から、ルツェルンの歴史は、これまでよりも2000年も古くなりました」

 水中考古学者がこの村を発見したのは、本当に偶然だった。

 チューリッヒの都市開発局のダイバーが新たなパイプライン敷設の準備のため、湖を浚渫していた。彼らがなんの気なしに湖の底深く潜ったとき、思いもかけないものに出くわした。

 泥が堆積している湖底に、大量の木の杭が沈んでいた。これはここに人が住んでいた証拠といえる。
[画像を見る]
credit:Unterwasserarchaologie UWAD Zurich/Canton Lucerne
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク