失踪したフランクリン遠征隊129人のうち、1人の身元が初めて確認される

失踪したフランクリン遠征隊129人のうち、1人の身元が初めて確認される

credit:Durand-Brager / public domain/wikimedia
 1845年、2隻の船がカナダ北極圏の未踏域を探検するためにイギリスを出発した。ところが、遠征隊の2隻の船がカナダ北極圏キングウィリアム島に近いビクトリア海峡で氷に閉ざされてしまい、フランクリンを含む隊員129名全員が忽然と姿を消してしまった。

 長きに渡り、船と乗組員たちの捜索が行われ、この悲劇的なフランクリン遠征の遺物が少しずつ発見されている。

 キング・ウィリアム島で乗組員たちの遺体が見つかり、その多くからサンプルが採取されDNA分析された。その結果、ごく最近になって、この遠征中に亡くなったひとりの将校の身元が特定でき、復顔に成功した。

 DNA分析によって特定されたフランクリン遠征隊の初めての乗組員ということになる。カナダのウォータールー大学によるこの研究結果は、『Polar Record』誌に発表された。
【初めて身元が判明したフランクリン遠征隊の1人】

 この乗組員は、技術者として英国海軍艦船エレバス号に乗船していた准尉のジョン・グレゴリー。彼の遺体は、エレバス湾の南75キロ地点、凍りついた船の残骸が発見されたところで見つかった。

 歯と骨のDNAを分析し、存命の子孫の家族の協力を得て、身元が明らかになった。

DNA分析によって、ジョン・グレゴリーの身元が最初に確認できたことは、わたしたち家族だけでなく、悲劇的なこのフランクリン遠征に関心を寄せている人たちすべてにとっても、信じられないような出来事です

編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク