エビを食べていたらサメに捕食されたイカ。珍しい化石が発見される

エビを食べていたらサメに捕食されたイカ。珍しい化石が発見される

image by:Credit: Klug et al., Swiss J Palaeontol (2021)
 恐竜が闊歩していたジュラ紀初期(約1億9960万~1億4550万年前)、現代のイカに似た古代生物が、カギ状の触手をたくさんもつエビのような甲殻類を捕まえた。いただきま~すと食べ始めたとき、イカは巨大な生物に捕食された。

 その捕食者はいきなり襲い掛かると、イカの軟らかな腹だけを食いちぎり、とっとと逃げ去った。イカの残骸はエビを抱えたままゆっくりと海底に沈んでいった。

 およそ1億8000万年前のこの三つ巴の捕食シーンがはっきりとわかる化石が、ドイツの採石場で発見された。詳しく分析した結果、当時の食物連鎖の頂点にいた種は何かを解明したと、古生物学者たちは考えている。
【イカに似た古代生物「ベレムナイト」を捕食していたのは?】

 イカに似たこの生き物は、絶滅したベレムナイトという古代生物だが、おそらく古代のサメかワニ、大型の捕食魚に食べられたのではないかという。

 ベレムナイトは、なかなか消化できない固く尖ったクチバシのような突起物をもっているため、いずれにしてもこの捕食者は、全部食べずに去って行ったと思われる。

 古代の海の爬虫類である絶滅した魚竜の化石を見ると、ベレムナイトの硬い部分を捕食するのに長けていたことがわかるが、このハンターは、おそらく魚竜ではない。

 魚竜の胃の内容物には、ベレムナイトの触手に見られる大きな鉤ヅメが見られるだけで、ほかに硬いものはなかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク