人間の寿命は150歳が限界。新たなる研究結果が発表される。

人間の寿命は150歳が限界。新たなる研究結果が発表される。

photo by Pixabay
 人間の寿命の限界はどれくらいなのだろう?江戸時代の平均寿命が32歳~44歳と言われていたがそれは多くの乳幼児が若くして死んでいたという事情もある。

 2019年のデータによると日本人の平均寿命は女性が87.45歳、男性が81.41歳となり、ともに過去最高を更新しているが、更に医学技術が発達すればもっと伸びるのだろうか?

 だが残念なことに死は逃れられない運命であるようだ。それは私たちの体が撹乱から回復する力が衰え続けるからだ。

 『Nature Communications』(5月25日付)に掲載された新たなる研究によると、仮に病気・ストレス・事故によって死ななかったとしても、人間は120~150歳のどこかの時点で寿命が訪れるという。つまり150歳が限界となるそうだ。
【人間は最長150年で回復力が消失する】

 シンガポール企業Geroの研究グループは、アメリカ・イギリス・ロシアの血液・DNA・ライフスタイルに関する大規模なデータを対象に、白血球の数と日々の歩数を調べ、それらと年齢をからめて分析を行なった。目的は、安定した健康状態からの逸脱を通じて「老化のペース」を知ることだ。

 その結果、白血球数と歩数のパターンはどちらも同じであることがわかった。年齢が上がるにつれて、混乱(たとえば体調不良)が起きたあとに元の安定した状態へ戻るまで時間がかかるようになるのだ。つまり回復力が徐々に衰えていっているということだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク