大自然の中でサバイバルに挑戦したら何日間生き残れる?アメリカ人は平均で16日生き残れると回答

大自然の中でサバイバルに挑戦したら何日間生き残れる?アメリカ人は平均で16日生き残れると回答

photo by Pixabay
 文明から離れ、自然を満喫できるキャンプはブームを呼んでいるが、だがそれは器具、食料などがあるからこそ成り立つレジャーだ。

 だが全く何も準備していない状態で大自然の中にポツンと取り残されたらどうだろう?何日くらい生存することが可能なのか?

 引きこもり係数100に近い私なら3日で音を上げる自信があるのだが、アメリカ人を対象に調査を行ったところ、平均で16日間は生き残れる自信があるという。

 その根拠のない自信はいったいどこからくるのだろう?サバイバルドラマや映画の影響なのだろうか?
【アメリカ人はなぜかサバイバルに自信あり】

 調査は環境にやさしい寝具などを開発、販売するAvocado Green Mattress社が調査会社、OnePollに委託して行われたもの。回答者は2000名で、自然の知識やサバイバル知識などが試された。

 16日は生存できると回答していたアメリカ人だが、その割に火打ち石で火を起こす自信がある人はたったの17%。食べられる植物や木の実を見分ける自信があると回答した人も14%しかいなかった。

 一方、ほぼ半数(52%)が植物や木の種類を見分ける自信があると回答していた。そこで植物の写真を見せて実際に試してみたところ、クロガシの葉っぱを当てられたのは4分の1、有毒なツタウルシを当てられたのは35%だけだったという。

 一番正解率が高かったのはカエデの葉っぱ(64%)で、次いでシダ(55%)。また落葉樹と針葉樹の違いを答えられたのは34%のみだった(落葉樹は毎年葉を落とし、針葉樹は落とさない)。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク