ナスカの地上絵より巨大!人の手で描かれた世界最大規模の地上絵が発見される(インド)

ナスカの地上絵より巨大!人の手で描かれた世界最大規模の地上絵が発見される(インド)

photo by iStock
 インド、タール砂漠の乾燥した広大な大地に、巨大かつ謎の図形がひっそりと刻まれていた。

 新たに発見されたこの図形は、あまりに巨大なため、描いた者ですら、その全体像を見ることはできなかっただろう。

 これは地上絵の一種と考えられている。ペルーのナスカの地上絵が有名だが、タール砂漠のこの地上絵はかなり独特で、人間の手で描かれたものとして世界最大であると思われる。

【世界最大の地上絵の可能性】
「これまでのところ、これらの絵は、インド亜大陸初の世界最大の地上絵だと考えられ、その謎めいた文様も独特です」研究者は語る。

 この地上絵は、グーグルアースを使ってタール砂漠を調査していた、フランス人研究者カルロとヨハン・ウタイマー父子によって発見された。現場はインドとパキスタンにまたがる20万平方キロメートルの地域だ。

 ウタイマー父子は、この広大な乾燥地の真ん中、通称"黄金の都市"ジャイサルメール周辺に、地上絵とおぼしき幾何学的な線が描かれた地帯がいくつかあるのを発見した。

 2016年、無人航空機(UAV)を使って詳しく調べてみると、植林のために掘られた溝が認められたが、植物がないと思われる場所にも謎めいた線模様の一群があることもわかった

 とくに、Bohaという村の近くにあるふたつの幾何学模様は非常に独特で、巨大ならせんやヘビのように見える図形が入り組んだ線でつながっている。

 この図形を描いている線は、地面に刻まれた深さ10センチ、幅20~50センチの溝だ。これらは近くで見ると、なにを描いているのかさっぱりわからず、地上絵だとは気がつかない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク