米軍の撮影した未確認飛行物体はアメリカの科学技術によるものではない。地球外文明の可能性を完全には否定できない

米軍の撮影した未確認飛行物体はアメリカの科学技術によるものではない。地球外文明の可能性を完全には否定できない

  昨年12月27日、米国議会で軍や諜報機関がUFOについて知っていることを180日以内に公表することを求める法案が可決された。

 その報告書は今月25日に公開される予定だ。はたしてどんな事実が明らかにされるのか気になるところだが、なんとこの報告書に関わったとされる匿名の政府関係者が、ニューヨーク・タイムズでその内容をリークしている。

 それによると、これまで米軍が撮影し、映像が本物であると認定された「UAP(未確認航空現象)」、すなわち俗にいう「UFO」が異星人の乗り物であることを示す証拠は見当たらなかったそうだが、その一方で、米軍や米政府が所有する科学技術によるものではないことは明確だという。

【米軍が目撃された物体はアメリカの技術にはないもの】
 報告書が検証しているのは、過去20年で目撃されてきた120件以上のUAP(未確認航空現象)事例で、その多くは海軍兵士が報告したものだ。

 つい最近も、米海軍が、サンディエゴ沖の原子力潜水艦、USSオマハからが撮影したUAP(UFO)映像が公開され米国防総省はこの映像が本物であることを認めた。

 この調査で明らかになったことは非常に曖昧なもので、せいぜいそれらがアメリカの科学技術ではないと述べられている程度でしかないようだ。

 たとえば、急激な加速や方向転換、あるいは忽然と姿を消すといった不可解な現象が目撃されているが、その多くはいまだにきちんと説明できないままであるらしい。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク