人間に飼いならされたキツネは脳が大きくなることが判明

人間に飼いならされたキツネは脳が大きくなることが判明

 ロシアにはキツネ牧場とでもいうべき場所がある。ここではオオカミが犬に進化したプロセスを解明するべく、1958年からキツネの飼育が行われており、選別交配により、犬のような従順で人懐っこいキツネを生み出したり、逆に攻撃的なキツネを生み出したりもしている。

 今回、ここで選別交配で繁殖させ飼育しているキツネの脳を分析したところ、野生のキツネや普通に飼育されていたキツネに比べて、世代を追うごとに脳が大きくなり、灰白質が増加したことが判明したそうだ。

【研究所で飼育されている従順なキツネと攻撃的なキツネの脳を調査】
 『JNeurosci』(6月14日付)に掲載された研究では、2種の系統が調査されている。

 1つは、人間に対して犬のようにフレンドリーな振る舞いをするよう攻撃性の低い個体を選別し、交配を続け繁殖させた系統。もう1つはその逆で、人間に対して攻撃的に振る舞うよう攻撃性の高い個体を選別し交配繁殖させた系統だ。

 ハーバード大学の進化生物学者エリン・ヘクト氏らが、その脳をMRIで調べてみたところ、どちらの系統も、特に選別されることなく繁殖された系統や野生種に比べて、脳が大きく、灰白質も多いことが明らかになったとのこと。

 面白いのは、両系統がまったく正反対の特徴を持つよう繁殖されてきたことだ。それにもかからわず、どちらも前頭前皮質、へんとう体、海馬、小脳が大きくなっていたのである。
[画像を見る]
研究所で飼育されているギンギツネ / image credit:Jennifer Johnson, Darya Shepeleva, and Anna Kukekova【100世代未満で脳が再編成される】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク