人間の臨死体験に新たなる仮説。動物の生存戦略である「死んだふり」が進化した可能性

人間の臨死体験に新たなる仮説。動物の生存戦略である「死んだふり」が進化した可能性

 死の際で、死後の世界を垣間見るような臨死体験をする人がいる。魂が体を離れる感覚やアイデンティティの喪失、トンネルをくぐる、明るい光が見えるなど、共通した報告がある。

 臨死体験は、世界各国の様々な文化圏で報告されており、心停止の状態から蘇生した人の4~18%が経験していると言われている。なぜ人は臨死体験をするのか?

 デンマーク、コペンハーゲン大学やベルギー、リエージュ大学の研究グループは臨死体験について新たなる仮説を打ち出した。

 『Brain Communications』(6月22日付)に掲載された研究によると、動物が死んだふりをして天敵の目を欺くように、人間も防衛メカニズムとして死んだふりをするスキルをもっており、これが進化の過程で豊かな知覚をもたらすようになった可能性があるという。

【防衛本能として死んだふり(擬死)を身につけた動物たち】
 動物の中には捕食者に襲われたときに死んだふり、すなわち「擬死(死んだふり・タナトーシス)」を行うものがいる。

 たとえば、あるテントウムシは天敵がそばにいると、体を硬直させて動かなくなる。これは動いた方がかえって目立ってしまうことを考えると、捕食動物から逃れる合理的な行動とみなすことができる。

 あるいは有袋類のオポッサムもまた死んだふりをするが、これは身体の損傷を抑えて、脱出する可能性を高めるためと考えることができる。

 捕食動物は捕らえた獲物がぐったりすると、力を緩める傾向にある。だから、どうしても逃げられなくなってしまったら、無理に動いて体を傷つけてしまうよりは、相手が油断する瞬間を待つのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク