50年前に科学者らが予測した「21世紀半ばに社会が崩壊する可能性」を検証。その予測は現実のものになりつつある

50年前に科学者らが予測した「21世紀半ばに社会が崩壊する可能性」を検証。その予測は現実のものになりつつある

「人口の増加や環境汚染がこのまま続けば、100年以内に地球の成長は限界に達する」 これは今から約50年前、1972年に発表された研究『成長の限界』で述べられている予測だ。

 この研究はスイスに本部を置く民間のシンクタンク「ローマクラブ」がマサチューセッツ工科大学をはじめとする研究者に委託してなされたもので、当時賛否両論を呼び、そんなはずはないと冷笑的に受け止める人たちも大勢いた。

 最近その予測を検証した調査結果が発表されたのだが、どうやら当時の予測通りに進んでいるようだ。

【50年前の予測を最新のデータを使って検証】
 ローマクラブのアドバイザーであり、会計と経営コンサルティングを主力とする多国籍企業「KPMG」のシニアディレクターでもあるガヤ・ヘリントン氏は2020年、ハーバード大学に修士論文を提出、『Yale Journal of Industrial Ecology』に掲載された。この論文はKPMGのサイトで閲覧できるが、あくまで個人的なもので同事務所の見解ではないとのこと。

 1972年に発表された「成長の限界」では、World3というコンピューターシミュレーションを通じて、人口・食糧生産高・資源・環境といった問題が総合的に分析されたが、それはすでに50年前のことだ。

 そこで今回の新たな分析では、人口、出生率、死亡率、工業生産高、食糧生産高、サービス、非再生可能資源、持続可能な汚染、人間の福祉、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク