人間の大人と同じサイズ!巨大なキツネザル「メガラダピス」の主食は葉っぱ

人間の大人と同じサイズ!巨大なキツネザル「メガラダピス」の主食は葉っぱ

 キツネザルにも様々な種類がいるが、我々の知っているキツネザルと言えば、せいぜい猫かタヌキくらいの大きさだ。

 そのすべての種がマダガスカルに生息しているが、500~2000年前には人間の大人と同サイズくらいの巨大種が存在していたという。

 その名は「メガラダピス(学名 Megaladapis edwardsi)」で、尻尾を含めない体の大きさは1.5メートル、頭骨長は30センチもある。

 ただ大きいだけではない。木に抱きつきやすいよう手が長く、足は短いといったコアラのような特徴まであったそうで、そのため「コアラ・キツネザル」とも呼ばれることもある。

【1475年前のメガラダピス、主食は葉っぱ】
 熱帯の気候は古いDNAの保存にはあまり向いていない。そのためとっくの昔に絶滅したメガラダピスについてはわからないことが多かった。だが最近になって、運よく発見された下顎の骨から保存状態が良好なDNAが発見されている。

 『PNAS』(6月29日付)に掲載された研究によると、そのメガラダピスは1475年前を生きていた。主に葉っぱを食べて暮らしていたことが明らかになったという。
[画像を見る]
メガラダピスイメージ図 / image credit:FunkMonk / WIKI commons

 キンシコウやウマが持つものに似た、葉っぱの毒素を分解し、栄養の吸収を助ける遺伝子が発見されたのだ。

 米ペンシルベニア州立大学のステファニー・マーシニャク氏によると、雑食の動物に比べて、主に葉っぱを食べる動物は体が大きくなる傾向があるのだという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク