難病で歩けなかった少女が犬と出会う。愛という名の絆が奇跡を起こすまでの物語

難病で歩けなかった少女が犬と出会う。愛という名の絆が奇跡を起こすまでの物語

 生まれつきの難病を抱え歩くこともできなかった少女が、犬と出会った。ジョージという名のグレート・デーンは少女の3倍もある大きな犬だが、その愛情も大きかった。

 ジョージは少女の脚代わりとなり、歩行のお手伝いをしていたのだが、2人の間に芽生えた愛と言う名の絆はいつしか軌跡を起こした。

 少女は1人で歩くことができるようになった。ついには自転車に乗れるようにもなったのだ。現在は水泳を学べるようになったという。

 これは、歩くことをあきらめなかった小さな少女と、少女を支え続けることに使命を見出した大きな犬が幸せを紡いでいく物語である。

[動画を見る]
13-Year-Old Girl Walks Again Because of Great Dane【難病を発症した少女、11歳で大きな犬と出会う】
 マサチューセッツ州に住むベラ・バートンさん(現在17歳)は、2歳半の時にモルキオ症候群という生まれつき骨の形成が阻害される非常に稀な難病を発病した。

 この難病は、現在でも治療法がなく、多くの痛みを伴うという。歩行が困難になり、13歳になる頃までには、この病に苦しむ多くの子供たちが車椅子生活を余儀なくされるそうだ。

 ベラさんも、骨や筋肉の成長に様々な障碍を抱え、杖なしでは自力で歩行ができない状態だった。

 しかし2015年1月、当時11歳だったベラさんの人生に変化が訪れる。介助犬であるグレート・デーンのジョージと出会ったことで希望の光が見えてきたのだ。【自力で歩行が可能になり、自転車にも乗れるように】

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク