宇宙は有限であり、巨大なドーナツ型であるとするシミュレーション結果

宇宙は有限であり、巨大なドーナツ型であるとするシミュレーション結果

 宇宙の端っこはどうなっているのだろう?そもそも端っこなんてあるのだろうか?眠れない夜に考えるにはもってこいのテーマなのだが、宇宙の果てに行きつくことは到底不可能なので様々なデータから仮説を導き出すしかない。

 『airXiv』(6月24日投稿)で閲覧できる査読前の論文によると、宇宙はドーナツのような形をしている可能性が高いと予測されている。更に宇宙の大きさは有限で、観測可能な宇宙の3、4倍くらいであるという。

 ってことは、宇宙で一方向へひたすら真っ直ぐ進めば、いつかは同じ場所に戻ってくることも可能で、少なくとも迷子になることはなさそうだ。

【宇宙ってどんな形?】
 そもそも宇宙とはどんな形をしているのか? 天文学者じゃなくても興味深い問いだ。現在、可能性として考えられるのは「平坦な宇宙」と「閉じた宇宙」と「開いた宇宙」だ。

 2本の線を平行に引いてみたとしよう。平坦な宇宙では、並行して引かれた線は、どこまで行っても並行なままだ。ところが閉じた宇宙では、奇妙なことに平行線はどこかで交わる。また開いた宇宙ならばそれが離れていく。

 面白いことに、こうした性質はそれぞれの宇宙の運命をも決めている。平坦な宇宙と開いた宇宙なら無限に膨張する。一方、閉じた宇宙ならいつかは崩壊してしまう。

 そして、これまでの観測からは、私たちが暮らすこの宇宙は平坦な宇宙であることがわかっている。だから、今の宇宙はいつまでも膨張し続ける。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク