人が死んだあと、体内では何が起きるのか?放置された遺体が骨になるまでの15のプロセス

人が死んだあと、体内では何が起きるのか?放置された遺体が骨になるまでの15のプロセス

 人は死んでからもしばらくは忙しいようだ。死後、その体内では何段階ものプロセスが進行し、完全な終焉へと向かう。そのプロセスはとてつもなく多い。

 人が死んだらその体はどうなるのか?

 スピリチュアル的な意味では、死んだ後の魂や死後の世界が気になるところだが、遺体に関していえば死亡が確認された後、遺体をそのままの状態で放置しておくと、分解が始まり腐敗し、骨となる。

 ここでは実質的に、放置された遺体がどのようなプロセスをたどって骨になるかまでの過程とみていこう。

■ 死んでから放置した遺体が骨になるまでの15のプロセス

【1. 心臓が止まり、血が滞る】
 心臓の活動が停止すると医師が診察し、正式に死が宣言される。入院している場合は死亡時刻が告げられる。

 心臓が止まると、体のあらゆる部位が、異なる速度で死に始める。もう心臓が全身に血を送り出すことはなくなるため、血は動脈や静脈内に滞る。
[画像を見る]
photo by iStock
【2. 体の色が変わる】
 血液が全身に回らなくなると、重力の影響で体が下になっているほうに血が留まり、体の色が2種類に変わり始める。

 体の所々が打撲のような色になり、変色しない箇所は血が流れないので蒼白になる。
[画像を見る]
photo by iStock
【3. 体温が低下する】
 普通、人間の体温は平均36.5℃くらいあるが、死後の体温は1時間ごとに0.8℃ほど下がっていく。このプロセスは、死冷として知られている。【4. 体が硬直する】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク