史上初、脳が残されたカブトガニの化石を発見。構造は3億1000万年前から変わっていなかった

史上初、脳が残されたカブトガニの化石を発見。構造は3億1000万年前から変わっていなかった

 アメリカ、イリノイ州にあるメゾン・クリーク化石層から3億1000万年前のカブトガニの化石が発見され、『Geology』(7月26日付)で報告されている。

 化石の発見自体はさほど珍しいことではないが、今回珍しかったのは、この化石に脳が残されていたことだ。

 カブトガニの脳の化石が発見されたのは史上初めてのことで、その中枢神経の進化について意外な事実を今に伝えているという。
 

【奇跡の発見、脳が残された状態で発見されたカブトガニの化石】
 脳が残された状態で化石化していたのは、「Euproops danae」と呼ばれるすでに絶滅したカブトガニの仲間だ。ちなみに”カニ”といっても、カブトガニはカニではない。「クモ綱」に分類されており、むしろクモやサソリに近い。

 大昔の生物の姿を今に残す彼らは、4種が現生しており、日本にも佐賀県や岡山県などに繁殖地がある。

 「生きている化石」と呼ばれる彼らの化石はそう珍しいものではない。しかし腐りやすい軟組織まで残されるには、とてつもない幸運に恵まれなければならない。

 カブトガニが死んだとき、保存に完璧な条件が整っているか、さもなければ琥珀にでも閉じ込められなければありえないからだ。

 その珍しさについて「100万に1つか、それよりも希少」と、研究の中心人物であるニューイングランド大学のラッセル・ビックネル氏は説明する。
[画像を見る]
絶滅したカブトガニ「Euproops danae」の化石。Aの四角で囲まれている部分が脳。Bはそれを拡大したもの( image credit:Russell Bicknell)【脳組織の隙間を鉱物が埋めていた】

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク