今度はドイツやオーストリアで。謎の音響攻撃「ハバナ症候群」に見舞われた米国諜報部員や外交官

今度はドイツやオーストリアで。謎の音響攻撃「ハバナ症候群」に見舞われた米国諜報部員や外交官
 アメリカとカナダの政府関係者らが、最初に原因不明の体調不良を訴えはじめたのは2016年、キューバ米大使館での出来事だ。耳鳴りのような高音が聞こえ、頭痛、めまい、記憶障害といった症状が報告されに悩まされており、音響攻撃の疑惑があがった。

 のちに「ハバナ症候群」と呼ばれるこの音響攻撃疑惑だが、未だ真相は不明である。

 その後も数多くの事例が各地から報告され、発症者は200人にも達しているが、ついにNATO諸国では初となるドイツとオーストリアでも発症者が確認されたそうだ。

ドイツ・オーストリアで米国政府関係者が発症 NBC Newsによると、このところ特に報告が多いのは、ヨーロッパであるという。

 たとえばドイツ、ベルリン駐在のアメリカ人外交官がハバナ症候群とされる体調不良を訴え、早期に帰国するという事例があった。これはNATO加盟国では初の事例であるという。

 さらにNATOと提携関係にあるオーストリア、ウィーンでは、すでに発症者が20数名にのぼると伝えており、少なくとも1人のアメリカ人がひどく体調を崩し、帰国を余儀なくされている。

[画像を見る]

photo by iStock
 また中央アジアも例外ではない。キルギスでも乳児を含む数名のアメリカ人で症状が確認されたそうだ。発症者はすでに200名。その半数はCIA関係者 耳をつんざく高音が聞こえた後で、頭痛や気分の悪さなどの症状に襲われる「ハバナ症候群」がキューバ在住のアメリカ人外交官によって最初に報告されたのは、2016年のことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク