ロマンスの神様は太陽なのかも。紫外線が性的感情を高めるとする研究結果

ロマンスの神様は太陽なのかも。紫外線が性的感情を高めるとする研究結果
 ロマンスの神様は太陽なのかもしれない。太陽光を浴びることで、男女ともに性的感情が高まるという研究結果が報告された。

 『Cell Reports』(21年8月24日付)に掲載された研究では、太陽の光に含まれる紫外線が、性ホルモンの分泌と関係していることを明らかにしている。

夏が性的欲求を刺激する謎 夏になると男性の「テストステロン」(男性の主要な性ホルモン)が増えることは以前から知られていた。これは、太陽の紫外線が性行動やホルモンの制御に関係しているのではと考えられている。

 一見無関係に思える太陽の光と性行動に関連があるのはなぜなのか? イスラエル、テルアビブ大学のカーミット・レヴィ教授らは、その詳しいメカニズムを探るべく次の3つの実験を行なった。紫外線B波を浴びることで性的欲求が高まる 最初の実験では、マウスに「紫外線B波(UVB)」を浴びせて、その変化を観察した。

 紫外線B波とは、波長が320~400ナノメートルの紫外線のことで、日光を浴びて日焼けしたり、肌が赤くなってしまう原因でもある。

 その結果、メスのホルモン値が大幅に上昇して、卵巣が大きくなり、さらに発情期まで長くなることが確認されたという。

 それだけでなく、オスとメスが惹かれ合い、どちらも交尾により積極的に応じるようにもなった。

[画像を見る]

photo by Pixabay
遺伝子に含まれるタンパク質が原因 次の実験では、「
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク