ストーンヘンジの石材の起源と構造が明らかに。ほぼ破壊不能な石材で作られていたことが判明

ストーンヘンジの石材の起源と構造が明らかに。ほぼ破壊不能な石材で作られていたことが判明
 長いこと欠けていたイギリスのストーンヘンジのピースのひとつが、この謎多き先史時代の建造物の真実を理解する上で役立ちそうだ。

 ストーンヘンジを構成している巨大な石材から採取されたコアサンプルを分析したところ、この石の地球化学的組成が、長い年月の試練に耐えうる特別な条件を備えていたことがわかってきた。

 『Plos One』誌に発表された新たな研究結果によると、この石板は、99.7%水晶の結晶でで
きていて、実質的に破壊することができないほど強固だという。

なぜストーンヘンジは5000年もの間保持されていたのか?「なぜ、ストーンヘンジが5000年もの間、ずっとここに建っているのか、その理由がよくわかりました」共同研究者のひとりで、ブライトン大学自然地理学教授のデヴィッド・ナッシュは言う。「この石は、信じられないほど頑丈で、侵食や風化に対する耐久性があるのです」

 この研究は、昨年亡くなったロバート・フィリップスというダイヤモンド研磨工のおかげで可能になった。

 フィリップスは、1958年、ストーンヘンジの修復作業中に、倒れた3つの石を建てなおすため、58番目の石であるストーン58に穴をあけていた。

[画像を見る]

ロバート・フィリップスら、L.M.Van Moppes社の作業員たちが、ストーン58からサルセン石のコアサンプルを削り出しているところ(1958年) / image credit:reative Commons
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク