1日7000歩で死亡リスクが低下するという研究結果

1日7000歩で死亡リスクが低下するという研究結果
 毎日歩くことは健康に良いとされている。それは事実だ。ではどれくらい歩けばよいのだろうか?

 具体的な目安として1日10000歩が理想とされてきた。しかし『JAMA Network Open』(21年9月3日付)に掲載された新しい研究によると、1日7000歩で十分ウォーキングの健康効果は得られるのだそうだ。

 アメリカで2000人以上の被験者を約10年調査した結果によると、中年の場合、男女関わらず、歩く速さに関わらず、1日7000歩以上歩く人は死亡リスクが大幅に低減することがわかったそうだ。

中年のウォーキングに理想的な歩数を算出 歩くことは体に良い。だがどれくらい歩けば効果がでるのか?これまで、健康にとって理想的な歩数は1日10000歩と言われていた。

 実際、それを裏付ける研究もある。毎日たくさん歩くほど、死亡するリスクが低下することをいくつもの研究が示唆しているのだ。

 しかしこうした研究は、必ずしも同じタイプの人たちばかりを対象にしているわけではない。参加する人たちの経歴や背景はその都度違うものだし、分析結果も微妙に異なる。

 アメリカ・マサチューセッツ大学アーマスト校のグループは、1985年より、18~30歳の2110人を対象に、生活習慣などが健康にどのような影響を及ぼすかを調査する長期研究「CARDIA」プロジェクトを行っている。

 今回、被験者の平均年齢が約45歳となった2005年以降の歩行と健康状態に関するデータを10.8年にわたって追跡調査した。男性が57.1%、女性が42.9%、黒人が42.1%、白人が57.9%の割合で、期間中72人(3.4%)が死亡している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク