ゴミの中に靴に寄り添っていた子犬、やさしい男性に救われ、新たな家族の元へ

ゴミの中に靴に寄り添っていた子犬、やさしい男性に救われ、新たな家族の元へ
image credit:Goran Marinkovic/Facebook

 ヨーロッパ南東に位置するセルビアでは、年々路上をさまよう犬や猫の数が増えているという。

 飼い主に飼育放棄され、空腹で路上をさまよう犬猫たちのお世話をしている男性が、ある日ゴミ山の中に小さな痩せた子犬を見つけた。

 その子犬は捨てられていた黒い靴を命あるものと認識したのか、人間の匂いを感じたのか、靴に寄り添い続けていたという。

 男性によって保護された子犬は、その後の看護で元気になり、見違えるように成長。現在、新たな飼い主のもとで幸せに暮らしている。

ゴミの中で靴の横に寄り添っていた子犬 セルビアに住むゴラン・マリンコビッチさんは、動物が大好きで、ボランティアで路上にさまよう捨て犬・捨て猫たちを世話している。

 去年3月、ゴランさんはゴミが捨てられてある草地で、痩せた小さな子犬と出会った。子犬は鳴き声をあげていたが、その姿は弱々しく何らかの病気になっているようだった。

 近くを見渡しても、子犬の母親らしき犬の姿はない。子犬はゴミが散らかった草地で、捨てられていた靴の片方に寄り添うように眠っていたという。

[画像を見る]

image credit:Goran Marinkovic/Facebook

 子犬が空腹であることを察したゴランさんは、持っていた食べ物を与えた。すると子犬はがむしゃらに食べ始めた。

[画像を見る]

image credit:
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク