大量生産された同じ顔のヒューマノイドは人間に不快感をもたらす可能性。クローン減価効果を確認

大量生産された同じ顔のヒューマノイドは人間に不快感をもたらす可能性。クローン減価効果を確認
 このままロボット工学とAIの技術が進歩し続ければ、きっといつの日か人間そっくりのロボットが普通に街を歩いている時代がやってくるに違いない。

 そうしたヒューマノイドたちは大量生産される。だから、おそらくは街中でまったく同じ顔や体型と何度もすれ違うことになるだろう。

 中途半端に人間に似せられたロボットには、どこか不気味な雰囲気が漂う。これを「不気味の谷」というが、仮に不気味の谷を乗り越えたヒューマノイドが完全に複製された、まったく同じ顔が、ずらりと並ぶ光景を目にしたら?

 九州大学、立命館大学、関西大学のグループは、実際に私たちがそれを目にしたときにどのような反応を示すのか実験し、『PLOS ONE』(21年7月13日付)で発表している。やはり完全に複製されたクローンの顔は不気味さを感じさせるようで、「クローン切り下げ」現象が発生するという。

同じ顔がいくつも並ぶと不気味に見える「クローン減価効果」 九州大学の米満文哉氏らが行ったのは、次のような実験だ。

 まずはフォトショップで日常的な風景の中に「まったく同じ顔の人物が6人写っている画像」「6人それぞれの顔が違う写真」「1人しか写っていない画像」を用意。

 これを参加者に見てもらい、そこから感じられる「不気味さ」や「あり得なさ」といったことを評価してもらう。

 この実験からまず明らかになったのは、まったく同じ顔をした人物たちが並ぶ姿は不気味で、あり得ないと感じられるということだ。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク