台風が大型化する前に泡のカーテンで冷却して沈静化させる新技術が登場

台風が大型化する前に泡のカーテンで冷却して沈静化させる新技術が登場
 近年、台風による大規模災害が世界各国から報告されている。昔からある自然災害だが、気候変動の影響で、台風が大きくなってきているのだ。

 もし台風が大きくなる前に沈静化することができれば、被害を最小限度にとどめられるはず。そう考えたノルウェーの企業が、新技術を開発した。

 海中に「泡のカーテン」で気泡を放出することで、台風にエネルギーを注ぎ込む温かい海水を冷やし、大きくなる前に沈静化させてしまうのだ。

>泡のカーテンで海水の温度を下げ、台風の成長を抑える ノルウェーに拠点を置く「OceanTherm」社は、ますます大きな被害をもたらしつつある台風を防ぐために「泡のカーテン(バブル・カーテン)」という技術を開発した。

 台風が大型化しているのは、温暖化によって海面の温度が高くなっていることが影響していると考えられている。海面の温度が華氏80度(摂氏26.5度)を超えると、熱帯性低気圧(つまり台風)が発達しやすくなり、いっそう勢力を強めるようになるからだ。

 そこでバブル・カーテン技術を用い、船に穴のあいたパイプを取り付け、海中に気泡を放出する。すると深いところにある冷たい海水が浮き上がる。これによって台風にエネルギーを注ぎ込む温かい海水を冷やしてしまうのだ。

[動画を見る]

 OceanTherm社のオラフ・ホーリングシーター氏によると、現時点でこの構想はまだ初期の段階にあるが、シミュレーションではうまくいくことが確認されている。水深100メートルの海水ならば、海面温度を摂氏26.5度以下に下げられるだけの冷たさなのだという。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク