歌川芳員の浮世絵に出てくる珍獣、虎子石がポーチとクッションになって現世に蘇る!

歌川芳員の浮世絵に出てくる珍獣、虎子石がポーチとクッションになって現世に蘇る!
 江戸時代の浮世絵師、歌川芳員が描いた浮世絵の中に登場する「虎子石(とらこいし)」は、虎の手足と石の胴体を持った現代にも通じる愛らしい珍獣だ。

 国内有数の浮世絵コレクションを誇る「太田記念美術館」と「フェリシモミュージアム部」がコラボして、虎子石がモフモフとなって現世に蘇ったようだ。

 小物を入れて持ち運べるポーチと、中に湯たんぽも入れられるクッションは、見ているだけで癒されるゆるくてかわいい便利珍獣なのだ。

珍獣「虎小石」とは? 珍獣「虎子石(とらこいし)」は、江戸の浮世絵師 歌川芳員が「東海道五十三次内 大磯 をだハらへ四り」嘉永6年(1853年)に描いた作品の中に登場する。

 虎子石という名の大磯に祀られた石をもとに、「石」のからだに「虎」の手足と尻尾を合体させて描いた謎生物だ。

 この絵を元に、太田記念美術館のスタッフのチェックのもと、もっちり立体化させて出来上がったのが、虎子石ポーチとクッションである。

 めちゃくちゃかわいいじゃないか!

[画像を見る]

Photo by: 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ
虎子石 もっちりポーチ もっちりとしたボディーにはジッパーがついており、中に小物を収納することができる。つぶらな瞳とニコっと笑っているように見える口、健気にふんばる虎柄の脚もかわよ。江戸から現世に蘇った癒されキャラである。

[画像を見る]

[画像を見る]

Photo by: 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク