満月が近づくと女性よりも男性の方が眠れなくなるという研究結果

満月が近づくと女性よりも男性の方が眠れなくなるという研究結果
 今日は中秋の名月で満月だ。常に地球に寄り添っている月は人間の体に様々な影響を与えていると言われている。

 電気や照明技術により、夜でも明るく過ごすことができるようになった今でも、人間の睡眠は、月の満ち欠けに影響を受けていとする研究結果も報告されている。

 新たに行われたスウェーデンの研究によると、満月が近づくにつれ、寝つきが悪くなり、睡眠の質が下がったり、睡眠時間が短くなるという。更にはその影響は、女性よりも男性のほうが大きいことがわかったそうだ。

新月と満月、月の周期の転換点 スウェーデン、ウプサラ大学の神経科学者であるクリスチャン・ベネディクト博士は、新月と満月は、月の周期における重要な転換点だと言う。
新月の翌日から満月の日までは、上弦の月とも言われ、月が満ちて明るさが徐々に増していく時期です。

月が空のもっとも高い位置にのぼる月の子午線のタイミングが、真昼から深夜に向かって徐々に変わっていきます。

逆に、満月の翌日から新月の日までは、下弦の月といい、月が欠けて明るさが徐々に減り、月の子午線のタイミングが夜の早い時期から真昼へと変化していきます


[画像を見る]

photo by Pixabay
男性の方が、満月に近づくほど寝つきが悪くなり、睡眠効率が落ちる 新たな研究では、周期における月の満ち欠けに注目して、スウェーデン・ウプサラ在住の22歳から81歳の被験者852人(女性492人、男性360人)の各々の家での睡眠記録を分析した。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク