約3,000万年前を生きた脚の長い新種の巨大ペンギンの化石が発見される

約3,000万年前を生きた脚の長い新種の巨大ペンギンの化石が発見される
image credit:Simone Giovanardi

 遠足で化石採集をしていたニュージーランドの小学生が一生の思い出になるような大発見をした。それは1.4メートルもあるすでに絶滅した巨大なペンギンの化石だ。

 このほど、化石が2700万年~3500万年前の漸新世に生きていた新種であることが判明。「カイルク・ワエワエロア(Kairuku waewaeroa)」と名付けられ、『Journal of Vertebrate Paleontology』(21年9月16日付)で発表された。

古代を生きた巨大な脚長ペンギン ニュージーランド、マッセイ大学の動物学者ダニエル・トーマス博士によると、「カイルク・ワエワエロア(Kairuku waewaeroa)」と名付けられた新種のペンギンは、オタゴで発見された巨大ペンギン「カイルク」に似ているが、脚がとても長いという特徴があるという。

この長い脚のおかげで、陸上を歩いているときは他のペンギンよりはるかに背丈が高かったでしょう。おそらく1.4メートルはあったと思います。泳ぐスピードや潜れる深さにも影響していたかもしれませんね。

 カイルク・ワエワエロアの化石は、2006年に遠足で化石採集をしていた小学生によって、漸新世の地層から発見された。これまでに発見された巨大ペンギンのものとしては、もっとも完全な標本の1つであるという。

[画像を見る]

image credit:Giovanardi et al, Journal of Vertebrate Paleontology, 2021

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク