中世の甲冑を着て実際に戦うとどんな感じなのか?

中世の甲冑を着て実際に戦うとどんな感じなのか?
image credit:imcfederation/Instagram

 時代と共に戦う為の装備だってアップデートされている。重くて着づらい甲冑タイプから、軽くてしなやかに動ける繊維へと改良されていった。

 だが実際に昔は、重い鎧を着て戦っていたのだ。毎年ヨーロッパの城では、中世の騎士や歩兵が身に着けていた防具と武器で戦うイベントが行われている。

 その名も、国際中世コンバット連盟ワールドチャンピオンシップ(IMCF)だ。IMCFでは、世界からの代表チームが参加し、真剣勝負をするのだという。

[動画を見る]

IMCF 2019 medieval world championship - Final day highlights中世の甲冑や剣で戦う総合格闘技 ヨーロッパでは、毎年『国際中世コンバット連盟(IMCF)ワールドチャンピオンシップ』と題して、中世ヨーロッパの甲冑を着て戦うアーマードバトルの世界選手権が古城で開催されている。[画像を見る]  トーナメントに参加する世界数十か国の代表チームは、オリンピック選手のように愛国的プライドを持ち、真剣に戦いに挑む。[画像を見る]  全身中世の鎧に身を包み騎士や歩兵に扮した人々が、金属や木で作られたレプリカの斧や剣、盾を手に気勢を上げて相手に立ち向かっていく。

 鎧については実在したデザインや材質など可能な限り史実に再現した装備を着用するが、安全管理上その厚さは規定以上でなければならず、鎧の下にはパッド入りの防御ジャケットを着ることが義務付けられている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク