今日もまだ行われている10の奇妙な儀式

今日もまだ行われている10の奇妙な儀式
 夕食のテーブルで塩入れをひっくり返したら、左の肩越しに塩をひとつまみ投げる、なんてことをするだろうか?

 この奇妙な行為は、塩をこぼしたときにあなたの肩の上に忍び寄ると言われている悪魔を追い払うおまじないらしい。多くの著名な悪魔学者に言わせると、こぼれた塩は悪魔の好物だからなのだそうだ。

 この妙な迷信はともかくとして、世界中の人々は何世代にもわたって続いてきた習慣だからという理由で、奇怪としか言いようのない儀式を未だ続けているのだ。

10. 毒ヘビを素手で扱う:アメリカ南部 アメリカ南部の敬虔な福音主義キリスト教信者は、実際に生きて、呼吸している毒ヘビを扱う宗教儀式を行う。

 信者たちは、キリストを十分に愛していれば、ヘビには絶対に噛まれないと信じている。比喩的な話ではなく、実際に彼らは毒ヘビを素手で扱う。

 聖書には、マルコによる福音書(16章17~18節)とルカによる福音書(10章19節)に、ヘビを扱うくだりが出てくるのだが、それに由来している。

 おもに、アパラチア山脈のホーリネス教会派、ペンテコステ派、カリスマ派や、ほかのマイナーな福音教会派が行っていた儀式で、メンバーは按手(手を当てて治療すること)や、異言(意味不明なことを話す)、ストリキニーネ(興奮剤)の摂取などの儀式に参加し、強力な毒を飲んでも死なないと信じ切っていた(とはいえ、ストリキニーネ儀式ではやはり多くが死んでいる)。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク