人は毎日3万5000回、何かを決断している。まともな判断ができなくなる「決断疲れ」に対処する方法

人は毎日3万5000回、何かを決断している。まともな判断ができなくなる「決断疲れ」に対処する方法
 今日は何を着よう? 朝ごはんは何を食べよう? まず何をしよう?ケンブリッジ大学の研究によると、生活レベルの細々としたものを含め、一般的な成人は、1日のうちに3万5000回も、何かを選択し決断しているのだという。

 だが困ったことに、コロナ禍で生活の変化が起きたことで、短時間のうちにたくさんの決断を与儀無くされている人が急増しているという。

 一度に大量の決断を続けているとどうなるのか?脳のリソースが不足し、消耗してまともな判断ができなくなってしまう。これは「決断疲れ」と呼ばれている。

 だが、それを防ぐ為の対処法はいくつかあるそうだ。

短期間で膨大な選択と決断をすることで生じる「決断疲れ」 人は生活レベルを含め、毎日たくさんの選択と決断を繰り返している。その数は平均で3万5千回と言われており、あたりまえのように意思決定を下している。

 だが、短時間に大量の決断を繰り返すような事態になると、頭が休まらず疲れてしまう。まともな判断ができなくなり、仕事や生活のパフォーマンスがガクッと下がる。

 これは「決断疲れ」と呼ばれている。

 スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、リチャード・ブランソンなど、有名な経営者にはいつも同じ服を着ている人がいる。いわば「私服の制服化」で、決断疲れを避けるための対策なのだそうだ。

[画像を見る]

photo by iStock
新型コロナによる社会の変化が脳の負担を増やしている 新型コロナによって、社会のあり方は大きく変わった。特に大きな変化は、学校の授業や仕事を自宅で行うようになったことだ。そのおかげで、私たちは新しいライフスタイルを模索しなければならなくなった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク