地球上で最も塩辛い湖、エルタ・アレ湖(エチオピア)は有毒ガスが発生する殺人湖

地球上で最も塩辛い湖、エルタ・アレ湖(エチオピア)は有毒ガスが発生する殺人湖
 エチオピア北東部、ダナキル砂漠のダロル火山近くにある小さな湖『エルタ・アレ湖』は、43.3%もの塩分を含む地球でもっとも塩辛い塩湖だ。

 世界の平均的な海の塩の重量比率は3.38%、死海でも23.1%であることを考えれば、その鬼しょっぱさがわかるだろう。

 鉄塩が多く含まれている為触るとヌルヌルする。また、水面から有毒ガスが発生している為、水辺には鳥や昆虫の死骸が放置されている。

オイル湖、殺人湖の異名を持つエルタ・アレ湖 エルタ・アレ湖の水には、過剰な鉄塩が含まれているため、触れるとまるでオイルのようにぬめぬめしている。

 地元の人たちは、その感触からこの湖を"オイル湖"と呼ぶ。一方で、水面から有毒ガスが発生していることから、"殺人湖"とも呼ばれる。岸辺には鳥や昆虫の死骸がそのまま放置されていて、水に近づきすぎるとこうなると、その危険性を警告している。

[画像を見る]

Photo by: A. Savin/Wikimedia Commons
発生する有毒ガスは成人を死に至らしめるレベル アフリカの角(アフリカ最東北端の尖っている地域、ソマリア付近)の3つの地殻プレートが分かれてできたダナキル砂漠は、エチオピア独特の景観が見られ、地質学的に人気の観光名所になっている。

[画像を見る]

ダナキル砂漠 photo by iStock
 だが、専門家は、エルタ・アレ湖や周辺の塩湖には十分注意するよう観光客に警告している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク