古代エジプト人男性3人の顔をDNAデータから復元

古代エジプト人男性3人の顔をDNAデータから復元
Image by Parabon NanoLabs
 科学者たちは、2000年以上前の、3人の古代エジプト人男性のミイラ化した体から得られたDNAデータを使って、デジタル復元像を作成した。

 意外にも、彼らの顔は、現代のエジプト人よりも、地中海や中東で暮らす人たちに似ているそうだ。

2000年前以上のミイラの顔を再現 古代エジプトを生きた男性3人のミイラは、カイロの南にある古代都市「アブシール・エル・メレク」で発掘されたものだ。それぞれ紀元前1380年~紀元425年に埋葬されたと考えられている。

 2017年、マックス・プランク人類史研究所のグループによって、そこに残されていたDNAが完全に解析された。

 今回、アメリカに拠点を置く「パラゴン・ナノラボ」のグループは、そのデータを元にしてさらに一歩進んだ。

 「法医学DNAフェノタイピング」という技術で、ミイラの生前の顔をデジタルで再現したのだ。

 フェノタイピングとは生命体が示す表現型(フェノタイプ)を把握することで、農業などに利用されているが、ヒトDNAに利用されたのは今回が初めてとのこと。

[画像を見る]

Image by Parabon NanoLabs
現代の地中海や中東の人々に似ていることが判明 研究グループは、「スナップショット」という方法で得たミイラの遺伝情報から、25歳のときの「顔の特徴」「民族」「肌の色」などを予測。

 このデータをミイラ自体の3Dモデルに組み合わせ、さらに法医学者の手によって最終的なデジタル画像に仕上げられた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク