「連続殺人犯の正体は私だ」自殺した警官の遺書に衝撃の告白

「連続殺人犯の正体は私だ」自殺した警官の遺書に衝撃の告白
 海岸で発見された自殺した元警察の遺体。そこに残されていた遺書には衝撃的な告白が記されてあった。

 1980年代から90年台にかけて若い女性を次々と殺し、フランス、パリを震撼させた連続殺人犯「あばた男」の正体が自分であるというのだ。

 現時点で遺書の告白が真実なのかどうかまだ確認されていないが、これが本当なら、35年前に始まった未解決の連続殺人事件がようやく幕を下ろすこととなる。

海辺で元警官の遺体が発見される フランスの都市、モンペリエ郊外の海辺で、自殺したフランソワ・ベロブ(59歳)の遺体が発見された。彼はかつて国家憲兵隊(フランス警察組織の1つ)に勤めていた元警官である。

 現場には遺書が残されており、そこには未解決だった連続殺人事件の真実について綴られていた。その犯人は自分だというのだ。

[画像を見る]

photo by iStock
フランスで起きた連続殺人、暴行事件 それら事件は、1986年から1994年にかけてパリで起きた。

 1人目の犠牲者は、パリ南部のフォンテブローにある学校に通っていた当時11歳のセシル・ブロックだ。

 1986年のある日、学校に姿を現さなかったことから、両親から捜索願が出したところ、一家が暮らしていたアパートの地下で遺体が発見された。

 ブロックは性的暴行され、遺体には首を絞められた跡や刺し傷が残されていた。幼い少女に対する非道な行いは、パリを震撼させた。「あばた男」と呼ばれる容疑者 事件当時、ブロックの腹違いの兄弟リュック・リシャールが、エレベーターで不審な人物とすれ違っていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク