西暦2500年、地球はどうなっているのか?3地域の未来を予測

西暦2500年、地球はどうなっているのか?3地域の未来を予測
 長期的な気候変動の影響に関して、数多くの科学的調査に基づいた報告がなされている。その多くは2100年までには、温室効果ガスが増加し、気温や海面が上昇するといったことだ。

 この事態に対して、例えばパリ協定は、今世紀末までに温暖化を産業革命前の水準よりも2℃未満に抑えることを求めている。

 だが、遠い未来に関する長期予測は、まだ十分なものではない。約500年後の地球は、今とは全く違う気候となっている可能性があるという。

このままでは2100年までに気温が2.7度上昇する 1990年以降、数年ごとに、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の科学的に根拠のある評価報告書や、関連する特別報告書を通して、私たちは温暖化防止の進捗を評価してきた。

 IPCCの報告書は、これまでの調査・研究を評価して、現状と、2100年までに目標を達成するためにすべきこと、目標を達成できない場合、なにが起こりうるかを示している。

 国が決定する貢献(NDC)の国連評価は、現在の政府間の取り決めのままでは、2100年までに世界の気温が、摂氏2.7℃上昇するという非常に危険な温暖化に陥ると警告している。

 これは、前例のない山火事、台風、旱魃、洪水、熱波、地域や水域における生態系の深刻な変化を意味する。

[画像を見る]

photo by iStock
先を見据えた対策が必要 一方で、2100年より先の気候変動を予測するところもある。だがこうした長期予想は、現在の気候変動適応や環境に関する意志決定の主流には考慮されていない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク