ナチス・ドイツが燃やしたクリムトの絵をAI(人工知能)で復元

ナチス・ドイツが燃やしたクリムトの絵をAI(人工知能)で復元
image credit:Google Blog

 19世紀末から20世紀後半にかけて活躍したウィーン最大の象徴主義の画家、グスタフ・クリムトの素晴らしい作品の20%は、歴史の中で失われていった。

 中でも、最も顕著で痛ましい損失は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツにより焼失されたという「医学」「法学」「哲学」というテーマで描いたウィーン大学講堂の天井画だ。

 このほど、Google Arts & Cultureは、オーストリアの美術館と協力し、AI(人工知能)を使用して失われたこの3点の作品の再現に成功した。

クリムトの手掛けたウィーン大学講堂の天井画「医学」「哲学」「法学」 クリムトは1894年、文部大臣から、ウィーン大学の新しい大講堂の天井に『ファカルティ・ペインティング(学部絵画)』と呼ばれる「医学」「哲学」「法学」の各学部をテーマとする3作品を依頼された。

 その2年後に提出した下絵が激しい議論を巻き起こす。当時、自分ならではの「新しい表現」を求めるようになっていたクリムトは、女性の裸体などのの露骨な表現で描かれており、大学側は、オーストリアの狭心を批判した退廃的な作品に仕上げたとして論争が起こり、最終的にクリムトは契約を破棄して報酬金を返還した。

[動画を見る]

Learn how technology helped restore disappeared Klimt masterpiecesナチスに没収され消失 その後、この3作品は第二次世界大戦でナチスにより没収され、数えきれないほど重要な芸術作品が収められていたオーストリアの城が燃やされた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク